漫画

バウンサー

バウンサー6巻【あらすじ】有賀勇気の身辺警護と関暴連の1億2千万

バウンサー6巻は3巻~5巻で佐藤と鈴木の話題で盛り上がったのとは一変して東京フィストのセキュリティー業務の現場事情や人間関係が描かれる描写が多くなります。獅子戸はバウンサーとして腕っぷしだけ成長したのではなく内面も鍛えられていることがよく分...
バウンサー

バウンサー11巻【あらすじ】相手の心を読める柿根陽一の能力の謎

バウンサー11巻では東京フィストと敵対する関暴連の柿根陽一(かきねよういち)について詳しく描かれます。柿根陽一がBデータを欲しがる理由はすでに分かっていますが、それとは別に獅子戸が有賀を守るために兼平拳一を殺めたことはすでに関暴連にもバレて...
バウンサー

バウンサー10巻【あらすじ】小池珠理奈と勇輝の身辺警護につく蜂野と獅子戸

バウンサー10巻は兼平拳一との一件がひと段落した後の東京フィストの身辺警護業務がメインに描かれます。ただし東京フィストの身辺警護は基本的に警察を頼るのが難しい状況下のクライアントばかりになります。 10巻ははDV被害に遭っている女性とスト...
バウンサー

バウンサー9巻【あらすじ】兼平拳一との対決!獅子戸が選んだ究極の選択

バウンサー8巻は獅子戸が有賀に同行して関暴連の幹部である兼平拳一に持ち逃げした金を返しに行くところから始まります。しかし今回の本当の目的は金を返すことではなく有賀を関暴連から足抜けさせることにありました。 有賀は持ち逃げした1億2千万のう...
バウンサー

バウンサー8巻【あらすじ】クロスリシンとの勝負の結末と兼平兼一との対峙

バウンサー8巻は有賀勇気を護衛する獅子戸たちの隠れ家に黒須東阿率いる関暴連の構成員が現れ、有賀・雷門大治・朝風道也の引き渡す要求を断った獅子戸と関暴連の下っ端の戦いが終わり、獅子戸と黒須東阿のガチンコ勝負から始まります。 登場人物 ...
バウンサー

バウンサー7巻【あらすじ】有賀を警護する獅子戸の前に現れた黒須東阿

バウンサー7巻は3巻・4巻を彷彿させる状況からスタートします。雷門大治と朝風道也という筋肉ムキムキの化物2人が仲間を従えて有賀を捕まえに来ました。 幅の狭い橋の上で両端を挟まれて絶体絶命のピンチという状況で、獅子戸丈一郎は警護対象を守ると...
バウンサー

バウンサー3巻【あらすじ】入社試験に挑む獅子戸の前に現れた佐藤と鈴木

バウンサー3巻は東京フィストの体験入社で適正無しと判断された獅子戸丈一郎が全身全霊の土下礼で鰐淵社長の心を動かし、虎井清十郎から「命の守り方」を教わり始めるところから始まります。 虎井清十郎は東京フィストでは右に出る者がいない実力者で、獅...
バウンサー

バウンサー1・2巻【あらすじ】獅子戸が鰐淵の心を動かした名言と常識離れの行動

みずのまことのバウンサーの主人公獅子戸丈一郎は中卒でコミュ障という問題を抱えながらも正々堂々と生きる道を選び何度クビになっても派遣の仕事に挑戦し続けますが、最後に26回目にクビになった時はさすがにショックを受け夜のバーで独り酒をします。その...
バウンサー

バウンサー13巻【ネタバレあらすじ】鈴木の正体とBデータ誕生の経緯

バウンサー13巻は死んだはずの鈴木が獅子戸丈一郎と蜂野信也の前に現れた理由や、蜂野が知りたがっているBデータの詳細について多くの真実が明らかになります。 鈴木と再会した獅戸は初めて鈴木と遭遇した時の記憶が蘇り恐怖に震えますが、蜂野は待...
バウンサー

【みずたまこと】バウンサー:暴力が子供に与える影響をテーマにした漫画

ヤングチャンピオンで連載中のバウンサーを読んでいてずっと思っていることがありました。それは主人公の獅子戸丈一郎をはじめ主役級キャラの蜂野信也、虎井清十郎、東京フィストが警護担当している小池珠理奈の息子である小池勇輝、犬のマスクの鈴木、彼らに...
タイトルとURLをコピーしました